2012年10月10日

1期生T. S.

私は、この観光学科に入学した当初、留学生とどのように接すればよいのかなどの戸惑いがありました。ですから最初は、うまく話しかけるこ とができませんでした。しかし、この学科には、一年生の時に空港に研修に行ったり、美観地区を留学生といくつかのグループに分かれて見学する などの学外研修があり、そこで彼らや、もちろん日本人の人たちとも打ち解けることができました。

授業に関しては、語学を学ぶものや観光についての授業など色々なものがあります。その中で、宿泊の経営について学ぶ授業があり、実際にホテルに研修に行って、ホテルの中を見学したり、従業員の方の話を聞くなどの貴重な体験ができたことが心に残っています。その他にも、社会人としてのマナーなどを学べる授業もあり、自分の日々の生活態度などを見直すことができました。

私はこの三年間で国籍に関わらず、色々な人たちと接するなかで、改めて人と話す楽しさなどを知ることができました。そして現在、できるだ け多くの人たちと関われる職業に就くことを目標に、就職活動に励んでいます。

※T.S.君は、2012年3月に卒業し、現在では企業人として活躍中です。
【学生の声の最新記事】
posted by 観光学科 at 14:18| Comment(0) | 学生の声